スポンサーリンク
スポンサーリンク

青物はエサ・ベイトを頭から食べるのマジ?釣った感じは違う気が?

ジギング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

青物はベイトのエサを頭から捕食するのか?

ショアジギングで青物を狙うアングラーの皆さんにとって楽しい時期が近づいていましたね。

夏から秋はサイズはさておきいろいろな魚の数釣りができる(^^♪

数釣りが出来るということは、今まで蓄えてきた疑問や新たな釣り方について実証実験のチャンスでもありますよね。

今回は青物を釣りながら、かねてから疑問であった「青物はベイトを頭から捕食する」の通説について考えてみたいと思います。

本当に青物はエサを頭から食べているのでしょうか?

青物は頭からエサ・ベイトを食べてるのか?

青物はどっちからエサを食べる?

頭から (2)バラバラ (4)尻尾から (2)

過去で一番長かった青物は何㎝?

100㎝以上 (1)80㎝以上 (4)50㎝以上 (0)

青物はエサベイトを頭から食べる?都市伝説じゃね?

青物がベイトを食べるシーンが見たい!

青物って本当にエサ・ベイトを頭から食べるのでしょうか?

都市伝説ではないかと思っています。

なぜなら、エサを追いかけていきわざわざ反転して頭から飲み込む必要性が無いから。

頭から捕食できるということは、逃げている小魚よりも早く泳いでいるわけですから、後ろから食べても何ら問題はないはず。

本当のところはどうなのだろうか?

ユーチューブに青物の捕食シーンの動画はないだろうか?

さすがユーチューブ!しっかり青物捕食シーンの動画がありました。

ユーチューブ動画で確認!青物の捕食シーン

カンパチやらハマチの幼魚が泳ぐ水槽に切り身を投げ込んだ所の映像です。

かなりのスピードで青物が泳いでエサに突進しているのが分かります。

やっぱり青物の遊泳スピードは超絶早い

青物がエサを頭から食べる!という都市伝説の真偽はイマイチ判然んとしませんが、リールを高速で巻いても青物は平気で追いつく!

こっちの都市伝説は間違いではなかったことが良くわかります。

青物の瞬間的な遊泳スピードは超絶早いです。

ちなみに成魚のカンパチは時速40㎞で泳げるそう。時速40㎞だと100mを9秒で走り抜ける速さになります。

どんな人間よりもカンパチの方が100m走が速いんです( ̄▽ ̄;)

ナブラのアタリがひったくり系になる理由

ナブラのバイトはグワ~って一気に走る

また、動画の青物の動きでアタリ・バイトが出ると、いわゆるひったくるようなハッキリしたアタリになります。

エサを捕食した瞬間に反転し、一気に走り出す。

そうする原因は他の魚にエサを取られまいとする行動なのですね。

動画のように複数の青物がベイトを追いかけている状態、自然界でいえばナブラになった状態では突進してエサを咥えたらすぐさまその場を離脱しようとします。

そして、律義に手を合わせて頭からエサを食べるような時間的な余裕が無いこともわかります。

頭だろうが尻尾だろうが、水平からも真下からもエサに向かって突進してます。

別の青物捕食の動画も有った

こちらの動画は生餌のアジでは釣れずにルアーに変更したら青物が食いついてきたというすいちゅ動画になります。

青物がルアーに襲い掛かるバイトの瞬間がきれいに動画に収められています。

こちらの動画は同じエサに青物が群がっているわけではありません。

しかし、す~ッと画面の外から忍び寄ってきた青物が、画面に飛び出てきたかと思うと電光石火の一閃でルアーを加えると、画像の外へと走っていきます。

頭からエサ喰ったか?

そんなことはなさそうでしたが、ルアーの背後から忍び寄りボクサーのフックのように体を反転させて真横から食いついているように見えました。

この映像からは「頭から捕食する」というよりも、背後から近づき真横からぶん殴るように捕食していることが分かります。

青物がスレで釣れることが多い理由

体当たりで気絶させる!?

実は青物ってスレで釣れることも多いです。

サーフのショアジギングで何とか1匹釣れることを切望する僕たち陸アングラーと違い、船アングラーの方たちは1回の釣行で何匹も青物を釣ります。

だから、単純に青物を釣った回数はけた違いに多くなります。

そんな船アングラーの方たちは言います。

「青物は体当たりでエサを気絶させる」

なるほど…動画で見たボクサーのフックのような捕食シーンは、必ずしも口の中に入れることを目的としていないわけですね。

青物が頭からエサを捕食するのは本当か?まとめ

今回は青物が頭からエサを捕食するのは本当かという疑問を解決するために、ユーチューブの動画を見まくりました。

その中から捕食の姿が鮮明にとらえられている動画を2本紹介しました。

結果は「青物がエサを頭から捕食する」はおそらく都市伝説だと考えてよさそうだと判断しました。

青物は頭からも捕食するし、後ろからも下からも捕食します。

そして、ボクサーのフックのように体当たりしながら捕食することもわかりました。

今回の記事がみなさまのショアジギングの小さな手助けになれば幸いです。

0 0 投票
評価をお願いします!
Subscribe
Notify of
guest

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0 Comments
インラインフィードバック
コメントをすべて表示
//コメントを表示する場合に相当するこの部分にあったを削除しました
0
良かったらコメントを残してください♪x
()
x
タイトルとURLをコピーしました