スポンサーリンク
アジング

アジングリールの番手は1000番で決まり!500番は大きさのバランスが悪い

アジングのリールのおすすめは1000番手!小さいリールが有利なのには理由がある アジングは全国的に大人気な釣りです! 堤防や港湾などアクセスの良いポイントでアジが釣れて装備も簡単♪ しかもベテランを虜にするような...
アジの釣り方

アジングのリール!ハイギアvsローギア本当はどっちがおすすめ?

アジングに使うリールはハイギア派とローギア派nどっちがいいの?アジングではローギアが良いという人とハイギアが良いという人に分かれます。それぞれのリールンメリットや特徴からアジングにどちらが向いているのか考えてみました。アジングのリールに迷っている方は参考にしてください。
アジの釣り方

アジング初心者がドツボに!アジが釣れない本当の理由『11』のパターン

アジング釣れない!初心者が釣れない初心者さんに読んでほしい11のコツをまとめ。アジングは釣れるのにも釣れないのにも李湯があります。ゲーム性が高い釣りだけに基本を外すと全然釣れないし面白くない。アジングビギナーの方に読んでほしい!
スポンサーリンク
アジの釣り方

アジングのキャロライナリグおすすめ仕掛け!使い方や重さをマスターせよ!

アジングのキャリライナリグを使ったことがあるだろうか?キャロライナシンカーを使うとジグヘッドでは届かない遠投のアジを釣ることが出来る。またサイズアップも望める!仕掛けは専用のキャロライナシンカーを埋め込むだけ。慣れてしまえばそんなに難しくはない。アジングの幅が広がるのでおすすめだ
クロダイの釣り方

紀州釣りウキ止めを活用せよ!ウキ止めは2つつけるのが鉄則!?

紀州釣りで棒ウキを使うパターンのウキ止めの役割を考える!ウキ止めは2つ使うと紀州釣りが進化する。2つのウキ止めは一つは水深のメモリー。メモリーがあると水深のどこを釣っているのか、初期設定からどれだけ動かしたのかがわかる。ウキ止めは視認性の良いものを使おう
クロダイの釣り方

紀州釣りの水深とポイント!ダンゴ釣りに適した場所に見つけ方

紀州釣りの水深は何メートルがやりやすいのでしょうか?紀州釣りはダンゴを投げてウキで海中の様子を読み解きクロダイを釣る方法です。水深が深すぎても浅すぎても難しい。適した水深は5m~10mくらいだといわれています。また潮の流れも重要でできるだけゆっくり流れる潮がいい。
クロダイの釣り方

紀州釣りダンゴの握り方!1分持つダンゴの理由とコントロールに仕方

紀州釣りのダンゴの握り方と1分持つダンゴの理由について考えてみました。クロダイは慌ててダンゴに飛びついては来ない。最初はエサ取りの小魚が突き、煙幕が広がったところで番を持してクロダイ様が登場する。クロダイが出てくるまでオキアミを守っているのがプロテクターのダンゴの役目。
クロダイの釣り方

紀州釣りダンゴを遠投するコツ!クロダイが釣りたいぞ!

紀州釣りでダンゴを遠投するコツを3つまとまました。ダンゴを遠投するには①軽いウキを使うこと②ラインを十分に出しておくこと③紀州釣りの専用杓を使うことです。紀州釣りは同じポイントにダンゴを打ち続けるのが大事。ぜひ安定して遠投できるようになってクロダイの釣果を伸ばしてください
ふかせ釣り

ふかせ釣りにフナムシをエサに!クロダイ・メジナはマジで釣れるの?

ふかせ釣りのエサにフナムシってどう?フナムシをエサにする釣り人の中には『フナムシ最強』という都市伝説も流れている。実際にフナムシでグレやチヌが釣れるのか?グレやチヌの生態を考えてみると釣れないと考える方がおかしいのかもしれない。最強かどうかは別としてふかせ釣りでクロダイやメジナは釣れます。
ふかせ釣り

夏から秋のクロダイを釣る!活性の高いチヌを鬼釣りするコツ

夏から秋のクロダイを釣るコツ「鬼釣りせよ」 今回は夏から秋にかけての活性高めのクロダイ・チヌを鬼釣りするコツを考えてみます。 単なる釣りではなく鬼釣りです(ーー;) 活性の高いクロダイでパターンにきっちり嵌め込め...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました