スポンサーリンク

象の鼻パークで釣り!アジングやシーバスが手軽で楽しい♪サビキ釣りも

象の鼻パーク釣り 【関東】の海釣り公園
象の鼻パーク釣り
スポンサーリンク
スポンサーリンク

象の鼻パークで釣り!アジングやシーバスが手軽で楽しい♪

象の鼻パーク

象の鼻パークは横浜市中区の「みなとみらい」地区にある緑地公園。

横浜港の発祥の地として横浜港開港160周年の記念として整備されました。

山下公園と赤レンガパークを結ぶプロムナード沿いにある公園で昼間はとても観光客が多いです。

ひと目が気になる方にはちょっと厳しいかも(;^ω^)

釣り場としては夜釣りがメインとなるのかもしれませんね。

今回は象の鼻パークで釣れる魚やポイントの情報を紹介します。

象の鼻パークの釣り場は整備されて安全柵もある

象の鼻パークを、初めとしたみなとみらい地区は観光客が多いです。

そして港町らしい海にアクセスしやすいのがポイント。

観光客の方が海に安全に近づけるように護岸は足元がしっかり整備され、落下防止の安全柵もあります。

お子様を連れたファミリーフィッシングにも最適です!

禁止の釣りがあるので注意

横浜のみなとみらい周辺は隠れた穴場の釣りスポット。

そこそこ魚影が濃くて、街中だからトイレや駐車場の環境は申し分ないし、コンビニだって徒歩ですぐの所にあります。

そんな都心で観光スポットの釣り場を失いたくはないので釣り場に設けられたルールや禁止事項はしっかり守るようにしましょう。

象の鼻パークの釣り場とポイント

象の鼻パークポイント

象の鼻パークの釣り場とポイントは大きく分けると3箇所です。

護岸が整備された堤防、カフェがある象の鼻テラス前、象の鼻パークのネーミングの由来ともなった象の鼻堤防です。

  1. 象の鼻パーク護岸
  2. 象の鼻テラス前
  3. 象の鼻堤防

ポイント①象の鼻パーク護岸

ポイント②象の鼻テラス前

象の鼻テラス前の水上バスの桟橋があるポイント。

マリーナ内は複数の船が係留されていますが、釣りも可能です。

水上バスの乗り口になっているので、観光客の密度は高め。

昼間の釣りはちょっと厳しいかもしれません。

マリーナ内は海底が掘られ水深があるので、アジ、イワシの回遊も♪

ベイトフィッシュの回遊が有ればシーバスの狙い目にも。

ポイント③象の鼻堤防

大さん橋の付け根から延びる堤防でクルッと曲がる曲緯線が象の鼻のように見える堤防です。

象の鼻パークのネーミングはコノ堤防の形からだといわれています。

長さは約120mで幅は16mあるので釣りをするには十分な広さが有ります。

足元は大きなタイルが敷かれレトロな雰囲気♪

堤防の先端の方が潮当たりが良く水深もあります。

サビキ釣りをするなら先端がおすすめです(≧▽≦)

象の鼻パークは無料で夜釣りも可能

象の鼻パークは24時間開放されているので夜釣りも可能です。

ルアーで釣りをされるアングラーの方は夕方から人が少なくなってからが狙い目かもしれませんね。

もちろん料金はかからない無料です。

象の鼻パークで釣れる魚と釣果!仕掛けや釣り方

  • サビキ釣り::アジ、イワシ
  • ルアー釣り:アジング、シーバス
  • 落とし込み:クロダイ
  • 探り釣り:クロダイ、メバル

象の鼻パークの周りではシーバスやアジングメバリングなどのライトタックルのルアー釣りが人気。

ただし投げ釣りは禁止なのでアンダースローを徹底推してください。

あるいはテクトロのように護岸周りの足元を歩いて釣るのもおすすめ。

またクロダイの魚影も濃いポイント。

岸壁沿いの落とし込みやヘチ釣り。ウキ釣りでクロダイの釣果が上がります。

サイズ感は若干小さいかもしれません。

岸壁の落とし込みでクロダイ釣果

クロダイは警戒心が強く釣るのが難しいターゲットだと思われています。

もちろん難しい釣りで奥がとっても深い…

でもいが意外と簡単に釣れることもあります。

岸壁の落とし込みやヘチ釣りがチヌを釣る一つの方法。

岸壁の足元には貝やカニやエビなどを捕食しに来たクロダイを見つけることができます。

象の鼻パークの護岸や堤防もそう。

足元を覗いてみるとクロダイ(チヌ)が悠々と泳ぐ姿を見るk所とが出来るかも知れません。

しかもデカい(≧▽≦)

この岸壁に寄ったクロダイ(チヌ)の鼻先に仕掛けのエサを落としてやるのが落とし込みやヘチおつりという釣法。

エサはカニやオキアミやカラス貝など。

青イソメを付けるとクロダイ以外にもたくさんの魚が食いついてきます。

夏から秋にかけてはサビキ釣り釣果

夏から秋にかけてはサビキ釣りで、アジやサバやイワシやコノシロが釣れます。

象の鼻パーク周辺まで群れの回遊が当たることが有り思わぬ爆釣になることも♪

サビキ釣りに使うコマセは非常に臭いし、放置して帰ると乾燥して取れなくなってしまいます。

是非きれいにして帰るようにしましょう。

サビキのアミエビでおすすめなのがアミ姫です!

チューブタイプだからカゴからこぼすことも少ないし、変な臭いが有りません。

マジでいいです♪

初心者さんにも楽しいハゼ釣り釣果

秋になると象にお鼻パークで簡単に釣れるようになるのが「ハゼ」です。

ハゼは食欲旺盛で上から落ちてくる餌に何でも食いつくといわれてます。

ハゼを釣るならウキ釣りやチョイ投げ釣り。

ウキ釣りは小さな玉ウキがポコポコと動き、水中に消し込むアタリが独特で面白いです。

アタリは沢山出ると思いますが意外と合わせるのが難しくてい奥が深い釣りです。

チョイ投げ釣りなら軽めのおもりを付けた「ハゼ用の天秤仕掛け」がおすすめ。

エサはジャリメや青イソメが良いです。

ライトタックルで手軽にアジング釣果

ライトタックルで道具が少なくて済むのがアジングの魅力の一つ。

象の鼻パークの周辺でも潮当たりの良いポイントはアジングの好ポイント。

街灯の明暗や潮が淀んでプランクトンが溜まっていそうなポイントは沢山見つけることができます。

観光地で長いロッドを持ち歩くのが恥ずかしい…

そんな方はシマノのフリーゲームをおすすめ♪

フリーゲームは振出型のライトタックルで、変なガタや曲がりが少なく、振出型特有のストレスを感じることなく釣りが可能。

コンパクトに収納して釣りに出かけたい方にはピッタリです。

釣れる魚の時期や釣り方など

象の鼻パークで釣れる魚ハゼ象の鼻パークで釣れる魚アジ象の鼻パークで釣れる魚カレイ
ハゼアジカレイ
秋にシーズン
青イソメ
ジャリメ
サビキ釣り
アジング
キャスト禁止
チョイ投げ釣り
ぶっこみ釣り
象の鼻パークで釣れる魚クロダイ象の鼻パークで釣れる魚シーバス象の鼻パークで釣れる魚メバル
クロダイシーバスメバル
堤防の足元
落とし込み
ヘチ釣り
ぶっこみ釣り
泳がせ
ルアー釣り
餌釣り
メバリング

象の鼻パークの駐車場

象の鼻パークの近くに駐車場はあるのでしょうか?料金はいくらになるでしょうか?


料金上限料金
ワールドポーターズ駐車場280円/30分平日:1200円
土日祝:なし
タイムズアパホテル&リゾート平日:300円/30分
土日祝:400円/30分
平日:24時まで1200円
土日祝:24時まで2400円
大さん橋客船ターミナル駐車場最初の1時間500円
以降、30分ごとに250円
平日:1500円
土日祝:2000円

駐車場から釣り場までの距離

  • ワールドポーターズ駐車場:徒歩で約6分
  • タイムズアパホテル&リゾート:徒歩で約10分
  • 大さん橋客船ターミナル駐車場:徒歩で約7分

象の鼻パークの近くの釣具屋さん

象の鼻パークの近くに釣具屋さんはあるのでしょうか?エサの購入や仕掛けの購入など釣具屋さんが近くにあると何かと便利です。

最も近い釣具屋

  • つり具の上州屋 関内店
営業時間10時~20時
(日曜日10時~19時)
電話045-663-2622
住所横浜市中区日本大通15番地 横浜朝日会館 B1
WEBhttp://www.johshuya.co.jp/shop/top.php?s=204
地図Google MAP
0 0 投票
評価をお願いします!
Subscribe
Notify of
guest

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0 Comments
インラインフィードバック
コメントをすべて表示
//コメントを表示する場合に相当するこの部分にあったを削除しました
0
良かったらコメントを残してください♪x
()
x
タイトルとURLをコピーしました